弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

執行猶予の要件

執行猶予の要件

刑事事件の執行猶予には、①初度の執行猶予と、②再度の執行猶予の2種類があります。
①初度の執行猶予の要件
(1)前に禁錮以上の刑がない。または執行終了後5年内に禁錮以上の刑がない
(2)今回の宣告刑が3年以下

②再度の執行猶予の要件
(1)執行猶予中
(2)今回の宣告刑が1年以下
(3)前回の執行猶予の際に保護観察に付されていない

刑事事件における執行猶予の効果は、1年以上5年以下の範囲で執行を猶予できることと、保護観察をつけられる(再度の執行猶予の場合は必ず保護観察がつきます)ことです。

執行猶予が付けられない場合

①3年を超える懲役・禁錮、又は50万円を超える罰金の場合
②拘留、科料の場合
③実刑判決を受けて刑務所に入った者が出所後5年以内に再び罪を犯した場合
④保護観察中の執行猶予者が執行猶予期間中に再び罪を犯した場合
には、執行猶予を付けることは不可能です。

ページトップへ