弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

執行猶予を取る方法

執行猶予を取る方法

刑事事件の正式裁判で公判請求された刑事事件のうち、執行猶予判決が出たものは36.6%(平成18年度)です。
被告人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の状況に照らして、被告人を直ちに刑務所に入れる必要がないことを裁判官に対して説得します。

⇒執行猶予を取るための弁護活動の例としては
・弁護士が交渉し、刑事事件の被害者と示談をする
・弁護士が交渉し、刑事事件の被害者に嘆願書を書いてもらう
・その他情状について被告人に有利になるものを弁護士が検討、証拠収集の上、裁判官に対して主張する

⇒事件によっては、定められた法定刑により最初から実刑が濃厚な場合もあります。自白するのか否認事件として争うのかについて、初期の段階において弁護士とよく相談しましょう。

前科があると、初犯の人に比べて執行猶予が付きにくくなるようです。(前刑終了後10年未満で実刑になっている複数のデータが認められます。)

執行猶予をとるためには弁護士を介して示談を行うことが有効です。

ページトップへ