弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

示談以外の方法

刑事事件の被害者が示談金を受け取ってくれない場合には、他に何か方法がありますか?

日本司法支援センター(法テラス)や弁護士会等への贖罪寄付や法務局への供託を行うことによって被告人(被疑者)の誠意を見せるということが考えられます。
深い反省を示し、刑事事件の被害者のいない犯罪の場合であれば、不正に得た利益を社会に還元する方法として、プラスの情状にできます。
もっとも、検察官に対しては、一般的に効果があまりありません。検察官との交渉でも、贖罪寄付は考慮しないという方が多いようです。おそらくは、贖罪寄付の有無によって刑罰が左右されるとすれば、被告人(被疑者)の資力の差により刑に軽重ができるのではないか、刑罰の公平感を損なうのではないかという問題意識もあるのではないでしょうか。

ページトップへ