弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

弁護活動について

弁護活動について

弁護士が、証拠を隠したり、積極的に嘘をついたりなど違法行為を行うことはできません。たとえ依頼者からの頼みであっても協力できません。
しかし、弁護士は徹底的にあなたの味方になります。
否認の場合の主張は刑事事件の調書に残らないことがあります。警察の都合のいいように調書が作成され、もちろんそれに対しては署名押印を拒否することで証拠化を阻止できますが、逆に自分の主張を書面化する機会もないということが往々にしてあります。
そこで、弁護士としてはあなたから十分に言い分を聞き、あなたの陳述書と弁護士の意見書を作成した上で、しかるべき機関に提出します。
弁護士が担当検察官に提出して不起訴処分を求めることが多く、実際に不起訴処分となった多くの実績を残しています。

ページトップへ