弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

任意捜査の原則Q&A

捜査が任意か強制か、どのように区別されるのですか?

刑事事件における強制捜査は一般用語の強制と意味が異なります。強制捜査は必ずしも有形力の行使を伴う手段を意味するのではなく、個人の意思を制圧し、身体、住居、財産などに制約を加えて強制的に捜査目的を実現する行為など、特別の根拠規定がなければ許されないものをいいます。任意捜査は強制捜査以外のものをいいます。
強制捜査の例として、逮捕、勾留、身体捜索、身体検査、鑑定留置、捜索・押収、検証、鑑定があります。
刑事事件における任意捜査の例として、被疑者の取り調べ、参考人の取り調べ、任意出頭・任意同行・公務所への照会、鑑定・通訳・翻訳の嘱託、尾行・張り込み、聞き込み、おとり捜査、領置、実況見分があります。

任意捜査であれば何をやってもよいのでしょうか?

任意捜査であっても、捜査の必要性・緊急性・相当性が認められる行為でなければなりません。

任意捜査であれば有形力の行使は一切認められないのでしょうか?

刑事事件の捜査の実効性の確保という観点から、有形力の行使を一切否定することはできませんが、個人の意思に反して権利を侵害するおそれのある処分は強制捜査となります。被疑者の意思に反するとまではいえない程度の有形力の行使は、必要性・緊急性・相当性が認められる限り許されるとされています。

【適法とされた事案】
呼気検査に応じるよう説得中、急に退出しようとした被告人に対し、さらに説得のため、その前方に立ち、両手でその左手を掴む行為(最決昭51.3.16)。

任意同行を拒否することはできますか?

拒否することはできます。また、任意同行に応じた場合であっても、いつでも退去したい際にはその旨を告げ、退去することができます。
そして、同行または同行後の退去が拒否しえない状態になれば、その時点から実質上逮捕となります。

任意同行と逮捕の区別は?

任意同行として許容されるためには、被疑者の承諾だけでは足りず、被疑者の自由な意思決定を抑圧しないような客観的状況が必要であるとされています。
具体的には、同行を求めた時間的・場所的関係、同行の方法、態様、同行を求める必要性、同行後の取調べ時間・方法、監視状況、被疑者の対応状況、逮捕状準備の有無等の事情を総合考慮して客観的に判断すべきであるとされています。

【適法とされた事案】
盗難車である疑いのある車両に乗車している者に対し、当該車両を停止させ、職務質問を開始し、警察署への任意同行を求めたが、被疑者が車内に閉じ籠るなどの頑なに拒否したため、これを説得するのに時間を要し、結果その場に4時間留めおかれた上、被疑者が乗車したままレッカー車で署へ同行された事案(東京高判平8.9.3)。

【違法とされた事案】
覚せい剤使用の嫌疑に基づき、被疑者に対し職務質問に引き続き任意同行を求めた際、これを拒否した被告人に対して警察官2人によって、被告人の頭、肩ズボンのベルトを掴んでパトカーに押し入れようとしたところ、被告人は、「どけ、入るわ」といって自らパトカーに入った事案。被告人のとった措置は半ばあきらめの気持ちによるもので、これをもって被告人が任意同行に応じたとはみることはできず、逮捕行為にも比すべきものとした(大阪高判平4.1.30)。

任意同行を求められたので警察署に出頭しましたが、夜遅くまで取り調べられ、帰りたいといっても帰してもらえませんでした。違法ではないですか?

違法な場合があります。
任意捜査の形式をとった被疑者取り調べでも、
①実質的な強制捜査であって違法であるもの
②任意捜査であるが社会通念上許容される限度を超えた違法なもの
③任意捜査としてその限界を超えない適法なもの
に分類できます

【適法とされた事案(上記分類の③のケース)】
被疑者を四夜にわたり所轄警察署付近のホテル等に宿泊させて取り調べを続行しても、同人に帰宅できない事情はないが同意があった事案(最決昭59.2.29)
徹夜で長時間(午後11時すぎに任意同行し翌日午後9時25分頃まで)の取調べでも、本人の承諾を得て参考人の事情聴取として開始したこと、自白したが重大事犯の枢要部分に関する虚偽供述もあったこと、本人は帰宅や休息を申し出ていいないことなどの特殊事情があったため適法とされた(最決平1.7.4)

【違法とされた事案(上記分類の②のケース)】
捜査段階における10日間にわたる連日の長時間の取り調べを受け、警察署内はもちろん宿泊先の就寝中も含めて常時監視されており、トイレに行くにも監視者が同行し、電話をかけることも許されなかった。また、宿泊場所と警察署の往復には警察の車が使用された事案(東京高判平14.9.4)

任意同行が度を越して違法になった場合はどのようになりますか?

任意同行の名のもとに実質的な逮捕とみなされる行為があれば、強制処分である逮捕を法律の規定に従わずに行っていることになります。もちろんこのような場合は刑事事件の捜査に違法性があり、その間に作成された調書が裁判で証拠とされないなどの影響が出てきます。
任意同行で出頭したにもかかわらず、なかなか帰りたいといっても帰してもらえないケースはよくあります。同行を求めた状況、同行の方法、同行を求める必要性、同行後の取り調べ方法、監視状況、被疑者の対応状況などの状況を総合的に判断して、被疑者の自由な意思決定による同行とはいえないときは、実質的な逮捕であるにもかかわらず手続きが踏まれていないとして、違法であるといえるでしょう。もっとも、任意で応じているということになっているので、任意ではなかったという客観的な状況を積極的に主張していく必要があります。

警察から任意出頭の要請がありました。弁護士についてきてもらうことはできますか?

弁護士が警察署まで一緒についていくことは可能ですが、取調べ室で刑事事件の取調べに立ち会うことは難しいのが実情です。任意捜査ですので、弁護士立会いでなければ取調べに応じないという対応をすることは可能です。しかしこのことが逮捕されることにつながる可能性もあります。また警察署の管理権が警察署長にある以上、取調室で弁護士が立ち会うことを権利として主張することはできません。刑事との交渉により、取り調べに立ち会ったり、取調室のドアを開けっ放しで弁護士に見えるようにして取り調べをしてくれたりするケースもあります。

呼び出しに出向くとそのまま逮捕されるのですか?

警察からの任意出頭の呼び出しは、本当に刑事事件についての事情を聴きたいから呼びだすという場合と、逮捕の前提として呼びだすという場合があります。
逮捕を予定しているのにあえて任意出頭から入ることの理由は、
①自宅に複数の刑事が押し掛けてきて手錠をかけ連行すると、近所中の騒ぎになって、本人も家族も無用のダメージを被るので、それを避けるという配慮の場合
②逮捕してしまうと48時間という警察における時間制限がスタートするので、少しでも逮捕の時刻を遅らせて、なるべく有効に時間を使いたいという場合
の2つが考えられます。
特に②の時間制限については、
具体的には、司法警察員が逮捕してから48時間以内に書類及び証拠物を添えて身柄を検察官に送致し、検察官は身柄受領の時から24時間以内(ただし、逮捕の時から72時間以内)に裁判官に被疑者の勾留を請求するか、公訴を提起しなければならないのを原則とします(205条)。
任意出頭を要請したのは、逮捕と同時に始まる時間制限のカウントを避けるため。つまり、任意出頭によって身柄を確保し、その間に被疑者の自白を得る等して証拠をそろえようという捜査側の時間稼ぎと言えるでしょう。

本人が逮捕してもいいと承諾した場合であれば、現行犯逮捕における以外でも令状なくして逮捕することは許されますか?

許されません。
極めて人権に関する事柄は、たとえ本人が承知したからといってすることは許されません。
本人が承知しても許されないものとしては、逮捕・勾留・捜索・女子の身体の捜索等がこれにあたります。

ページトップへ