弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

覚せい剤Q&A

覚せい剤の刑事事件を警察が把握するきっかけにはどんなものがありますか?

刑事事件の被疑者の親族からの情報がきっかけになることもあります。覚せい剤乱用者が家族に暴力をふるい、家庭生活が破たんした結果、家族が思い悩んで警察に通報することもあります。
犯罪グループの内部からのタレこみもあります。匿名で警察に電話がかかってくることが多いようです。
覚せい剤使用者が逮捕されて、売人の情報について取り調べで話した結果、売人が逮捕されるパターンもあります。末端の使用者・所持者から入手先を追及していく捜査方法を、突き上げ捜査といいます。
こうした告発情報については、刑事が情報提供者から調書を録取して、今現在も被疑者が覚せい剤取締法違反に該当する行動をとっていることを裏付けます。

覚せい剤の刑事事件について、他の犯罪とは異なる捜査方法がありますか?

『コントロールド・デリバリー』
薬物の不正取引が行われる場合に、取締当局がその事情を知りながら、直ちに検挙することなくその監視の下に薬物の運搬を許容し、追跡して、その不正取引に関与する人物を特定するための捜査手法です。
これには、中身の薬物をそのままにして行うライブ・コントロールド・デリバリーと、中身の薬物を抜き取って行うクリーン・コントロールド・デリバリーがあります。

『おとり捜査』
情報収集活動等により麻薬・覚せい剤等の密売人と推測される者を把握した場合に、捜査官が自ら又は協力者を使って密売人に接触し、麻薬・覚せい剤等の取引を申し入れ、密売人が犯行に出たときにこれを検挙する手法です。

『通信傍受』
通信傍受法の規定に基づいて、密売に用いられた携帯電話の通話をはじめとする通信内容を傍受する手法です。

刑事事件において覚せい剤の密売人に対する家宅捜索はどのように行われるのですか?

覚せい剤の密売人はホテルやマンションに根拠地をかまえていることが多いようです。彼らも家宅捜索に対して警戒をしており、マンションのカギを取り替えてスペアキーを使えなくするなどの準備をしているようです。
また、関係場所が複数存在することも多く、内偵捜査を十分に行い、被疑者の出入りする場所をできる限り割り出し、被疑者の住所・居所・勤務場所、愛人宅、実家、親類宅、友人宅等平素の出入り場所、密売組織によるものであるときは、組織の事務所、密売場所等必要な捜索場所を把握し、これらの場所に対して一斉に捜索がされます。
刑事に踏みこまれた時にはトイレに覚せい剤を流すこともテレビなどでおなじみですが、パケに空気が入っていていったん流したパケが再び逆流して浮かんでくることもあるようです。ホテルではクロークが覚せい剤を隠す場所に使われることもあるようです。

刑事事件において覚せい剤使用を判定する尿検査を求められました。なぜ私が尿検査を要求されるのでしょうか?

刑事事件において覚せい剤取締法違反の前科がある者が、自動車検問などで警察官に前科を照会されて前科があることが分かった場合、所持品検査のチェックにおいて前科がない者よりも厳しくなるということです。また何も怪しいことをしていない場合でも、尿を任意で出すように求められることもあります。この尿の提出は断り続けると、刑事に何時間も粘られます。実際に使用してから1週間以内で尿を出すと確実に陽性反応が出るという人は、尿を出すといいながら、いまだに尿意をもよおしていないなどの理由で任意提出に応じないケースが多いようです。
刑事事件において任意出頭した被疑者が他人の尿を持参してサンプルとして提出しようとすることもあるようです。

夜道を歩いていたら職務質問をされて尿の提出を求められました。刑事事件においてこの捜査は適法ですか?

警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又はすでに行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知っていると認められる者を停止させて質問することができます。(警職法2条1項)
覚せい剤事犯を疑って職務質問をする場合は、中毒症状の疑われる挙動がある場合、覚せい剤事犯の多発する地域をうろついていたり、かねて覚せい剤の密売場所であると把握していた場所に出入りしている場合であって、覚せい剤常用者に多く見られる風貌・態度であったり、やくざ風の者と面談していたり、警察官を避ける行動にでるなどの不審な挙動がある場合に職務質問の要件が認められます。

具体的には以下のような場合に認められています。

  • 覚せい剤事犯や売春事犯の多発する連れ込みホテルの密集地帯に車を止めて遊び人風の3,4人の男と話しており、パトカーが近付くと、すぐ発進した者(最判昭53.9.7)
  • 覚せい剤事犯の多発地域で警ら中の警察官らに気づいて目を伏せ、接近するにつれて落ち着きをなくすなどの不審な態度をとり、またその風貌も、頬がこけ顔色が青白いなど、覚せい剤常習者に多くみられる外見的特徴がみられた者(大阪高判昭61.5.30)
  • 覚せい剤密売所の容疑場所と把握していた場所から、他の覚せい剤容疑者とともに出てきた、頬のこけ方などから覚せい剤の常用者であると疑われ、持っていたセカンドバッグを胸に大事に抱えるようにしていた者(大阪高判昭63.3.1)
  • 午前1時ころ、暗い路地から出てきた一見暴力団風で、覚せい剤常用者特有の顔つきをしていた者(最決昭63.9.16)

質問は、口頭で行い、口頭で回答を得るのが通常ではありますが、覚せい剤の注射痕の有無などを確認するため腕の提示を求めることなど適宜の方法が許されます。
ただし、強制的に腕をつかんで袖をまくり上げたり、着衣を脱がせたりすることは許されません。
尿の提出については、薬物使用事犯の重大性と採尿手続きの必要性・緊急性に照らし、ある程度の時間をかけた説得は許されるでしょうが、これが過度に長時間にわたった場合は、逮捕に等しい状態にあったと判断されることもあり得ます。

覚せい剤の尿中排泄期間はどのくらい(摂取後いつからいつまで検出可能)ですか?

覚せい剤摂取後30分程度から、覚せい剤を初めて使用した場合、4日間程度、乱用者の場合、ほぼ1週間~10日程度です。
ただし、覚せい剤の代謝・排泄は、摂取量、摂取方法、使用歴、年齢、性別等種々の要因の影響を受け個人差があり、また、検査方法、検査に用いる尿量等によっても検出期間は左右されます。

覚せい剤をどの程度服用した場合、通常の尿鑑定で検出可能ですか?

覚せい剤の摂取後24時間以内に採尿した場合、2㎎以上摂取していれば検出可能であり、48時間後の尿を使用する場合少なくとも10㎎摂取していれば尿鑑定で検出可能と考えられます。

「かぜ薬等市販の医薬品を複数服用していたので尿鑑定で覚せい剤が検出された」旨抗弁する場合がありますが、そのようなことがありますか?

現在市販されている薬を服用していたために尿鑑定で覚せい剤が検出されることは、決してありません。
(医療用のメタンフェタミン塩酸塩として、唯一、大日本製薬から「ヒロポン」という商品名で、粉末、1㎎錠剤、3㎎注射液が発売されているのみですが、これを購入するためには、覚せい剤研究者か、覚せい剤使用機関の免許が必要です)
また、複数の医薬品に含有される成分が体内で反応して覚せい剤になる可能性も、決してありません。

他の薬物を併用して、尿鑑定で覚せい剤を検出できなくなるよう覚せい剤の排泄を止めることができるのですか?

医薬品を用いて摂取した覚せい剤の排泄を止めることはできません。

覚せい剤を加熱吸引していた者と同室にいた場合、本人が吸引していなくても尿から覚せい剤が検出されますか?

覚せい剤を加熱して使用する場合、多少は、部屋の空気中へ拡散しますので、同室にいた場合、本人が吸引する意志がなくても、部屋の空気を吸うことにより覚せい剤を摂取することとなり、尿中への覚せい剤が排泄されます。しかし、その量はごくわずかであり、通常の尿鑑定で陽性になることはまずありません。

ページトップへ