弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

強盗Q&A

強盗Q&A

刑事事件における強盗罪は、暴行または脅迫を用いて他人の財物を強取し、または財産上不法の利益を得、もしくは他人にこれを得させ、およびこれに準ずる犯罪です。
その保護法益は、人の財産だけでなく、個人の生命・身体・自由でもあります。

刑事事件における弁護活動におけるポイントは何でしょうか?

財産犯全てに言える事ですが、刑事事件の被害者に対する謝罪と損害賠償をして、示談書及び宥恕の意思を示した嘆願書を作成してもらうことでしょう。

刑事事件のうち強盗罪において量刑を左右する事情としてはどのようなことがありますか?

被害額の大きさ。
暴行脅迫の際に刃物を使用したか否かや、何回犯行を行ったか。
前科前歴の有無。特に同種前科であると重く判断されます。
共犯事件の場合は得た分け前や役割分担。
また、示談が成立しているか、刑事事件の被害者が宥恕の意思を示しているかも量刑に大きく影響してきます。

親族間で、葬儀の場所をめぐって対立し、故人の遺体を他方が一方から強奪した場合に刑事事件における強盗罪になりますか?

強盗罪は成立しません。死体を財物といえるかが問題となりますが、刑法は死体の領得を死体損壊罪として、別に処罰しているので、質問のような場合には、刑事事件における暴行・脅迫罪と死体損壊罪が成立することになります。

死体から臓器を取るために死体を強奪した場合に刑事事件における強盗罪になりますか?

強盗罪は成立しません。臓器には財産的価値が認められるかもしれませんが、やはり特別規定として刑事事件における死体損壊罪が成立するにとどまります。

他人の毛髪をかつら材料とするために切り取った場合、刑事事件における強盗罪になりますか?

強盗罪が成立します。切り離された毛髪については財物性が認められます。なお、未遂に終わった場合であっても、切り離されるべき毛髪について、刑事事件における財物性が認められます。

刑事事件における強盗は、相手の反抗を抑圧する程度に暴行・脅迫が用いられる必要があります

刑事事件における強盗罪と恐喝罪との違いはなんですか?

人の反抗を抑圧するに至らない暴行・脅迫を加え、相手方を畏怖させた場合が恐喝。
人の反抗を抑圧する程度の暴行・脅迫を加えた場合が強盗です。
刑事事件の被害者を脅す際に刃物などの凶器を使っている場合は、恐喝ではなく強盗になる可能性が高いようです。

包丁等をつきつけ「静かにしろ」と脅迫する場合は、刑事事件における強盗ですか恐喝ですか?

強盗罪になるでしょう。
財物の強取ができたか否かで既遂か未遂かは分かれますが、問題文の脅迫行為は反抗を抑圧するに至る程度のものといえます。同様の判例が、大判昭14.4.28、最判昭24.1.25にあります。

主人不在の家に押し入り、若い女性に対しておもちゃのピストルを突きつけ、被害者が本物のピストルと勘違いした場合は刑事事件における強盗ですか恐喝ですか?

強盗罪になるでしょう。
たとえピストルがおもちゃであったとしても、ピストル様のものを突きつけられた場合に、反抗を抑圧されると考えられます。パニック状態で本物か偽物かを冷静に判断することなどできないのが通常です。

主人不在の家に押し入り、若い女性に対しておもちゃのピストルをつきつけたが、被害者が玩具だと気付いた場合は刑事事件における強盗ですか恐喝ですか?

強盗罪になるでしょう。
財物の強取ができたか否かで既遂か未遂かは分かれますが、おもちゃのピストルを突きつけるという脅迫行為は反抗を抑圧する程度のものといえます。同様の刑事事件の裁判例が、東京高判昭32.8.26にあります。
刑事事件の被害者がピストルは偽物であると気付いた場合のように、相手方が現実に反抗を抑圧されていないとしても、社会通念上一般に被害者の反抗を抑圧するに足る程度のものであれば強盗罪が成立します(最判昭24.2.8)。

ページトップへ