弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

詐欺Q&A

詐欺罪

Ⅰ 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
Ⅱ 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
詐欺罪が成立するための要件
①欺く行為(欺罔行為)
②被欺罔者が錯誤に陥ること
③錯誤に基づいて交付等の財産的処分行為をすること
④財物又は財産上不法の利益の取得が因果的連鎖に立つこと

詐欺罪のトレンド

振り込め詐欺

<オレオレ詐欺>:親族を装うなどして電話をかけ、交通事故をおこした・会社での横領がばれてしまったなどと緊急に現金が必要である旨述べ、預貯金口座に現金を振り込ませるなどの方法による詐欺又は恐喝事件。
子供や孫を装い事前に携帯電話を変えたので新しい番号の登録を依頼して信用させたり、弁護士役・警察官役など複数人が役割を演じて信じ込ませたりするなど手の込んだものも多数
<架空請求詐欺>:実際には利用のない有料サイト利用料金名目等を理由に、郵便、インターネット等を利用して、架空料金を預貯金口座に振り込ませるなどの方法による詐欺又は恐喝
<事件融資保証金詐欺>:実際には融資しないのに、融資するように装った内容の文書を送付するなどし、融資申込みをした者から保証金等の名目で預貯金口座に現金を振り込ませるなどの方法による詐欺事件
<還付金等詐欺>:税務署等を装い、税金の還付等に必要な手続きを装って口座間送金をさせるなどの方法による詐欺事件
以上を総称して振り込め詐欺 (平成20年度犯罪白書より)

刑事事件において詐欺罪で不起訴処分、または起訴されても執行猶予となるためのポイントはどのようなことでしょうか?

前科の有無、犯行態様、犯行後の事情などが総合考慮されます。
被害額が少ない場合や、示談・被害弁償がなされた場合には処分が軽くなる可能性が高いです。

刑事事件における詐欺は財産を保護する財産犯ですので、財産をだまし取ったときに成立します。

人をだまして結婚しました。刑事事件における詐欺罪になりますか?

詐欺罪になりません。刑事事件における詐欺罪は個人の財産を保護するもので、詐欺的手段によって結婚しても詐欺にはあたりません。
結婚すると欺いて財物を詐取する行為は結婚詐欺として詐欺罪になります。

生活保護費を不正受給しましたが、刑事事件における詐欺罪になりますか?

詐欺罪になります。刑事事件における詐欺は本来、個人の財産を保護する財産犯ですが、国家も詐欺罪の被害者になりえます。生活保護費の不正受給のほか、配給物資の不正受給、封印預金の不正払い戻し、国有未開墾地の不正買受、国民健康保険被保険者証の不正取得、虚偽申告による簡易生命保険証書の不正交付などについても判例で国家を被害者とする詐欺罪の成立を認めています。

パスポートを不正に取得しましたが、刑事事件における詐欺罪になりますか?

詐欺罪にはなりません。旅券の不正収得は、海外渡航の資格証明文書を収得したに過ぎず、財産上の利益を侵害するものではありません。刑事事件における詐欺罪ではなく別の罪(免状等不実記載罪)に問われることになります。
他にも詐欺罪にならないとされた例は、脱税(国家が強制徴収権を有しており、税金の支払い免除という詐欺で必要な処分行為が想定できないため)や証明書の不正取得(一定の資格を官庁が証明したに過ぎず、財産上の利益を侵害するものではないため)、罰金支払いの免除などがあります。

人に売る目的で預金通帳を銀行に申し込んで発行してもらいました。刑事事件における詐欺罪になるのでしょうか。

詐欺罪にあたります。刑事事件における詐欺罪の客体となる財物は、財産的価値のあるものでなければなりません。預金通帳はこれを利用して預金の預け入れや払い戻しを受けられるなどの財産的価値があるので、詐欺罪の客体となります。

上記で作成した預金通帳をオレオレ詐欺グループに譲渡しました。刑事事件においてオレオレ詐欺による罪も負うことになるのですか?

「犯罪による収益の移転防止に関する法律(平成19年法律第22号)」により、預貯金通帳等を譲り受ける行為についての罰則が設けられています。
さらに、口座が悪用されることを知りながらこれに協力したのであれば、共同正犯としてオレオレ詐欺による被害についても罪を負う可能性は大きいです。

銀行口座を売買した場合、刑事事件において何の罪になりますか?

金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律違反の罪になります。

国民健康保険被保険者証の交付を不正な手段で受けました。刑事事件における詐欺罪に当たりますか?

詐欺罪にあたります。国民健康保険被保険者証は、これを提示・利用することで医療費支払いの免除・減額を受けられ、経済的に重要な価値を有しているので、詐欺罪の客体である財物になります。

ページトップへ