弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

背任Q&A

実務上の背任罪の特徴はありますか?

刑事事件における背任罪は、起訴率が低くしかも嫌疑不十分による不起訴が多いのが実状です。

刑事事件において横領罪と背任罪はどのように区別されますか?

横領罪における事務は信任関係に基づく物の占有という特定の事務をいうのに対し、背任罪における事務には信任関係に基づく(財産管理上の)事務一般が含まれます。また、横領罪は他人が有する物の所有権という個別財産に対する罪であるのに対し、背任罪は被害者の財産状態全体に対して侵害が加えられてその損害が発生した場合に成立するところの全体財産に対する罪です。

商社の投機的商品買付けや銀行の外国為替取引等の冒険的取引によって、会社に損害を与えてしまった場合は刑事事件における背任罪になりますか?

会社から与えられた業務権限の通常の枠内で行ったかぎり、結果的に不適切な投機的判断を行って損害を与えたとしても背任行為にはなりません。

刑事事件において背任行為を行った場合に、刑罰はどの程度のものになりますか?

刑事事件の背任罪は、刑法第247条に規定されており、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金とされています。
また、本罪の加重類型として、会社法第960条以下は、株式会社の取締役等による特別背任罪を規定しています。これによると、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはこれらの併科となります。さらに、保険業法にも同様の規定があります(第322条以下)

行為者の他に決裁の権限を有する者がいる場合で、その決裁者の指示に従って処分行為をした場合には刑事事件における背任罪になることはありませんか?!

決裁者の指示に従って処分行為をしたとしても、背任罪になることはあります。
会社・組織で上司の決裁が有る場合でも、背任を実行することについて期待可能性が欠けるとまではいえません。
刑事事件の判例も、信用組合の専務理事が、自ら所管する貸付事務において、決裁権を有する組合理事長の決定・指示に従い、貸付金の回収が危ぶまれる状態にあったことを明確に認識しながら、十分な担保を徴することなく貸付を行った場合、理事長に消極的な意見を具申していたとしても、任務違背行為に該当すると判断しています(最決昭60.4.3)。

売掛代金を受け取るべき事務処理者が、商品の取り戻しを受けた旨の事実を帳簿に記載した場合は刑事事件における背任行為にあたりますか?

背任行為にあたるとした刑事事件の判例があります(大判大3.6.20)
法律行為の場合は、有効か無効かを問いません。

債権の取り立てを依頼された者が、放置したことによって債権が時効にかかった場合は刑事事件における背任にあたりますか?

背任になります。刑事事件における背任行為は、不作為による場合も含まれますので、やるべき作業をしなかったために損害を与えてしまった場合にも背任罪が成立します。

機械の管理を委託された者がずさんな管理を行ったため本人に損害を与えたという場合は刑事事件における背任にあたりますか?

背任にあたります。背任行為は、不作為による場合も含まれますので、やるべき管理をしないで損害を与えてしまったような場合は背任罪が成立します。

自己が管理する会社のデータを外部に流したり、無断で使用したりする行為は刑事事件における背任行為になりますか?

背任行為になる可能性が大きいです。
会社のデータは会社の財産ともいえます。他方、データそのものは財物でなく、情報を盗用する行為に窃盗罪は成立しません。
しかし、データを流出させたり自己使用することによって、その価値が減殺されることが考えられ、被告人は会社のため忠実にその業務を遂行すべき任務を有していたにも拘わらず、自己の利益を得る目的でその任務に背いたことによって、会社は損害を被ることとなることから、背任罪は成立するとの判断が神戸地判昭56.3.27、東京地判昭60.3.6、東京地判昭60.3.20などの地裁判断では盛んに認められています。

債権者に抵当権を設定した後で、その者に対する抵当権の設定登記をする前に他者に別個に抵当権を設定し登記も完了してしまうような二重抵当は刑事事件における背任行為にあたりますか?

背任行為にあたる場合があります。
一般に行為者は最初の抵当権者に対し登記に協力する義務を負うと解されます(東京高判平13.9.11)。そこで、登記に必要な書類等を引き渡す協力行為を行う以前に、別個の抵当権を設定しそれを先に登記する行為は、刑事事件における背任行為と判断されます(最判昭31.12.7)

ページトップへ