弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

ちかんQ&A

痴漢(ちかん)というのは、どのような罪になりますか?

刑事事件において一般的には下着の中に手を入れた場合が強制わいせつ、入れなかった場合が迷惑防止条例違反とされています。

刑事事件において強制わいせつと迷惑防止条例違反の違いは、下着の中に手を入れたかという態様の違いだけでしょうか?

強制わいせつ罪の場合は親告罪といって、告訴がなければ起訴をして刑事裁判をすることはできません。しかし、迷惑防止条例違反は非親告罪であるため告訴がなくても刑事裁判をすることができます。もっとも強制わいせつで逮捕・勾留されていても、告訴がすでになされているとは限りません。告訴は刑事事件の起訴までに必ずされている必要はありますが、強制わいせつで逮捕・勾留されたものの告訴が起訴直前までなされなかったケースもあります。

刑事事件においてどのような行為が痴漢になりますか?

痴漢となる具体的な行為には、衣服や下着の上、あるいは身体に直接触れて、手で下半身や尻、胸、ふともも等を撫で回す行為。
背後から密着して、身体や股間を執拗に押し付ける行為。
衣服のボタンやブラジャーのホックなどをはずす行為。
エスカレーターや階段などの場所で、スカート内をカメラやビデオで盗撮しようとする行為。
などが強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反に該当します。

刑事事件において痴漢行為が条例違反、強制わいせつ以外の罪になることはありますか?

スカートなどの衣服を切り裂く行為は、器物損壊罪。
衣服に精液等を付着させる行為は、器物損壊罪。
公衆の面前で陰部等を露出する行為は、公然わいせつ罪。
つきまとい、のぞき行為は、軽犯罪法違反に該当します。

電車を降りたところで、女性に「痴漢したでしょ」と言われて腕をつかまれました。駆けつけた駅員に駅事務室に一緒に行くよう促されましたが、この場合、行った方がよいのですか、それとも、振りほどいて立ち去った方がよいのでしょうか?

駅事務室に同行したら身柄を拘束される可能性が高くなります。
駅事務室に行くと、女性とは隔離され、話し合うことはできませんし、駅事務員が事情を聞いてくれることもありません。間もなくやってきた警察官に最寄りの警察署に連れて行かれることになります。弁解の余地も無いまま痴漢の犯人として扱われてしまうのが通常で、既に被害女性によって現行犯逮捕されていたのだと告げられそのまま警察署に身柄拘束される場合が多いでしょう。

痴漢を疑われた場合にはホームから動いてはいけません。弁護士を呼びホームに駆けつけてもらうのがよいでしょう。弁護士を呼ぶのが困難であっても、ホームで、駅員、被害者に対して氏名、住所を明らかにしたうえで立ち去ります。身元を明らかにせずに逃げ出せば、被害者や駅員以外の第三者に捕まえられてしまうことも多いでしょうし、逃亡を図ったとして後々悪い情状として影響を及ぼすこともあります。

警察官が駆けつけていた場合にも、同じく氏名、住所を明らかにしたうえで、罪証隠滅や逃亡の恐れがないことを述べ、立ち去るべきです。ただし、警察官に対して抵抗すれば公務執行妨害で現行犯逮捕されてしますので、あくまでも紳士的に振舞いましょう。
立ち去った後では、警察は、令状請求をしなくては刑事事件として逮捕できなくなります。

刑事事件として逮捕されてしまった後はどうすればいいですか?

今後の刑事事件における対策を検討するために、なるべく早く弁護士を呼んだ方がいいです。
罪を認めれば釈放される可能性もありますが、刑事事件の被害者との間で示談が成立しないと刑事処分が下されます。
否認し続ければほぼ確実に勾留及び勾留延長がされます。逮捕から3日間+勾留10日間+勾留延長10日間で合計23日間は身柄拘束されてしまいます。
本当は、痴漢をしていない場合であっても会社を休みたくないがためにやってもいない罪を認める人が多いのはこのためです。

痴漢の刑事事件で逮捕されましたが、身に覚えのない冤罪事件です。どうしたら良いのでしょうか?

前述のとおり、冤罪主張をすると逮捕から23日間にわたって身柄拘束されることが予想されます。さらに、その後刑事事件として起訴されて正式な刑事裁判となるとさらに身体拘束が続くこともあります。否認し続けていれば保釈も認められにくい可能性があります。長期間の勾留によって仕事や家族を失うケースもありますので、個々の刑事事件毎に弁護士のアドバイスの下、冤罪として徹底的に戦うのか、他の利益のために認めるのか、逮捕されたご本人が家族とよく話し合って決めることになります。

夫が金曜日に刑事事件で逮捕されてしまいましたが、月曜日に出社できるか心配です。

週末の帰宅途中で痴漢の現行犯で逮捕される方がいます。この場合、本人及び家族にとって月曜日に出社できるかどうかは重大な関心事でしょう。弁護士による弁護活動としては、勾留がなされないように検察官に働きかけ、勾留請求がなされたとしても裁判官が勾留を許可しないように裁判官に対して意見書を提出することになります。逮捕から勾留請求までは3日間しかなく時間がない中での活動となりますので、弁護士にとってスピードが勝負となります。

場合によっては弁護士が被害者との示談活動をスタートさせ、その示談交渉を形に残して弁護士が検察官や裁判所に提出するということも考えられます。示談交渉がまとまる見込みであれば、一般的に勾留がされにくいからです。

検察庁は休日当番の検察官が処理をしますので、刑事事件を担当する検察官とは違う検察官に取り調べを受けることになります。

痴漢の刑事事件で逮捕されましたが、会社にばれるかどうかが心配です。

捜査機関から会社に対して連絡がいくことは、会社と刑事事件が関係していない限り、原則としてありません。もっとも逮捕に続いて勾留をされてしまうと、勾留請求の日から10日間は身体を拘束されてしまいますので、会社を欠勤せざるを得ないことになります。この結果、会社にばれてしまうことがあります。勾留されない場合は体調不良を言い訳に会社を休む方もいますが、本人が電話口に出られないことが問題になることもあります。また会社によっては診断書の提出を求めてくることもあるようです。
長期休暇明けの逮捕であれば、海外旅行中に病気になり、現地の病院に入院中であるといった言い訳を使った場合もあります。

刑事事件の捜査の流れはどのようになっていますか?

被疑者の手指に刑事事件の被害者の下着等の繊維が付着していないか、繊維鑑定を行います。また、刑事事件の現場に残された凶器や犯行に使われた車両などから指紋や足跡が残っているかどうかについても調べます。刑事事件の被害者の衣服に唾液などの体液やもみ合った際の犯人の血液が残っているかどうかなどについても調べます。被疑者が逮捕された後はDNAの採取がなされ、DNAの型が一致するという鑑定結果が証拠として裁判に提出されます。場合によっては、普段アダルトビデオを鑑賞していて犯行を思いついたなどの動機が刑事事件の調書に録取され、これを裏付けるために自宅を捜索してわいせつDVDや雑誌が押収されることもあります。

ページトップへ