弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

淫行条例違反等

援助交際・児童に対する性犯罪QA

青少年保護育成条例

青少年保護育成条例とは、青少年の健全な育成を図るために、青少年を保護する目的で、全国46都道府県(平成19年1月1日現在)がそれぞれ制定している条例の総称的呼称です。
青少年とは、始期についてはおおむね学齢(あるいは6歳)からとし、終期については例外なく「18歳に達するまでの者」をいうとされています。

刑事事件において18歳以上の高校生は青少年に該当しますか?

青少年は、18歳未満の者をいいますので、高校生であっても18歳以上ならば対象外です。

条例違反の刑事事件となる行為はどのような行為ですか?

有害環境浄化に関するものとして、
①有害図書等の販売等、有害興行等の観覧、有害玩具の販売等の制限に関するもの
②自動販売機による有害図書等あるいは有害玩具の販売制限、
青少年に対する有害行為の規制として、
③淫行あるいはみだらな性行為等
④深夜同伴外出、いれずみ等健全育成を阻害する行為の制限
などです。

刑事事件において各都道府県で条例を規定しているため、地域によって差異が生じていることは憲法に反しないのですか?

違反しません。
最高裁は、条例の地域差が憲法14条(法の下の平等)に違反しないことを認めています(最大判昭33.10.15)。

刑事事件において「淫行」とはどのような行為が該当しますか?

最高裁大法廷判決は、「淫行」は用語自体としては「淫らな性行為」の意味であることを前提として、「淫行」とは、婚姻を前提とせず、(1)青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、(2)青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと結論づけています。

刑事事件における18歳未満の者とベッドの中で裸で抱き合いました。性行為には至っていないので刑事事件における淫行とはいえませんよね?

淫行に該当します。
性交自体のみならず性交類似行為も刑事事件における処罰の対象であり、淫行と共に「わいせつ行為」も規制対象とされているのが通常です。性交が完全になされなくても、その前段階の行為が性交類似行為あるいはわいせつ行為であれば、淫行は既遂になります。

中学生同士で恋人との性行為を持ちました。双方が18歳未満なので、刑事事件においてお互いに罰せられてしまうのですか?

罰せられないことがほとんどでしょう。
ほとんどの育成条例で、青少年に対し罰則の適用を除外しています。したがって、18歳以上の男女のみが罰せられることになります。
青少年に対し、個別の罰則の適用除外のないのは、静岡県、岡山県など5県です。

刑事事件において刑法の強制わいせつ罪や強姦罪と、淫行規制条例違反はどのように異なりますか?

刑法第176条ないし第178条によれば、被害者が13歳未満の場合には、刑事事件の被害者の真意からの承諾があっても、わいせつ行為、姦淫行為に及べば、強制わいせつ、強姦の罪が成立します。
また13歳以上の被害者に対しては、暴行脅迫を手段としてわいせつ行為や姦淫行為に及ぶか、被害者に睡眠薬を飲ませるなどして心神喪失状態かそれに近い状態にして(若しくは、既に被害者がそのような状態であることを利用して)わいせつ行為や姦淫行為に及んだ場合でなければ、刑法上は処罰されません。
これに対し、育成条例違反の淫行規制は、このような手段の限定はされていません。13歳以上の青少年に関しては、刑法上犯罪に当たらない行為をも、犯罪として処罰の対象にしていることになります。
また、刑法上の強制わいせつ、強姦、準強制わいせつ、準強姦の罪については、親告罪(180条1項)とされているので、被害者や親等一定の者の告訴がなければ起訴されることはないのに対して、淫行規制条例は告訴を要件としていないものがほとんどで、刑事事件として告訴がなくても起訴される可能性があります。

実際に、告訴が得られず、刑法上の犯罪にはならない場合に、淫行規制条例違反として刑事事件として処罰されることはあるのですか?

告訴がない刑事事件に対して、非親告罪の淫行規制条例違反について適用されることは少なくありません(大阪高判昭48.12.20)。
淫行規制条例の罰則には、強制わいせつ、強姦などには規定のない罰金が規定されていることから、この意味でもこれを適用することには意味があるとされています。

刑事事件において実際にはどのように刑法犯と条例違反を区別しているのですか?

13歳以上の児童に対しては、暴行、脅迫を手段としてあるいは抗拒不能に乗じるなどして性交、わいせつ行為に及んだ場合には刑法の強姦罪、強制わいせつ罪、準強姦罪の規定を適用し、暴行、脅迫にまで至らない威迫や児童の未成熟につけこんで誘惑等の不当な手段を用いたり、単に性的欲望を満足するためだけに性交等に及んだ場合は、淫行規制条例を適用します。

ページトップへ