弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

殺人Q&A

胎児は刑事事件における殺人罪の客体になりますか?

胎児は刑事事件における殺人罪の客体になりません。胎児は刑事事件における堕胎罪の対象とされるのみです。

母体から大半が露出した胎児を刺して殺した場合、刑事事件における殺人罪は成立しますか?

母体から一部が露出している以上、母体に関係なく外部より死亡の結果を生じさせる侵害を加えることが可能になるため、刑事事件における殺人罪が成立します(大判大8.12.13)。

堕胎しようとしたものの生きて産まれた場合に、その後この嬰児を殺害した場合、刑事事件における殺人罪は成立しますか?

殺人罪は成立します。
生きて出生した以上は人であり、人を殺害すれば刑事事件における殺人罪が成立します。

親が幼児に食事を与えず餓死させた場合、刑事事件における殺人罪は成立しますか?

成立することがあります。

【殺人罪が成立するとした判例】
▪ 扶養義務者が、死んでもかまわないと思い幼児に食事を与えず、餓死させる行為は殺人罪にあたるとされました(大判大4.2.10)。
▪ 内妻の出産した生後1週間余りの女児を引き取ったが、貧困等のため殺意をもって生存に必要な授乳をせず飢餓状態に陥らせて死亡させた事案は殺人罪にあたるとされました(大判大15.10.25)。
▪ 仮死状態で出生した嬰児を故意に何らの保護を与えず分娩された状態のまま放置した後、新聞紙等に包んで川に投入し、寒冷のための生活機能の低下により死亡させた事案は殺人罪にあたるとされました(東京高判昭35.2.17)。

自動車を運転中誤って歩行者をひいてしまい、ひいたことに気付いたが、 (1)そのまま逃げてしまい、その歩行者が死亡した場合の罪 (2)一旦は、刑事事件の被害者を救護しようと助手席に乗せたが、やはり途中で怖くなったため道に遺棄して、その歩行者が死亡した場合の刑事事件における罪 はそれぞれどうなりますか?

(1)殺人罪は成立しませんが、自動車運転過失致死罪が成立します。
(2)殺人罪が成立する可能性があります。

意識不明の被害者を病院に搬送すべく自動車助手席に同乗させたものの、事故の発覚をおそれて途中で変心し、未必の殺意をもって約3km離れた人通りの少ない寒気厳しい暗い場所で遺棄して逃走したが、その後被害者が発見されたため死亡するには至らなかった事案で、裁判例は殺人未遂罪の成立を認めています(東京高判昭46.3.4)。
*未必の故意…行為者が、犯罪事実の実現について、確定的とまでは認識認容していないが、可能なものと認識して認容している場合をいいます。

殺害行為は、被害者の死の結果を惹起させうる現実的危険性のあるものでなければなりません。

現実の危険性がある場合とない場合とは具体的にどのような場合ですか?  飛行機事故か飛行機テロによって相手を殺したいと考えて、航空切符を贈り飛行機に乗せました。しかし実際には無事に目的地に着いてしまいました。刑事事件における殺人未遂罪になりますか?

飛行機事故や飛行機テロが起きる可能性は極めて低く、相手を飛行機に乗せるという行為が死の結果を惹起させうる現実的危険性のある行為とはいえません。たとえ相手を殺すつもりという故意があったとしても殺人未遂罪は成立せず不能犯となります。

相手を殺そうと考えて小型の刀で刺しましたが、相手はかすり傷を負っただけで死にませんでした。刑事事件における殺人未遂罪になりますか?

小型の刀であっても傷害部位によっては致命傷に至り、殺傷能力は認められるので、殺人未遂罪が成立する可能性があります。

相手を殺すつもりで毒入りの食物を食べさせようとしましたが、においと色が異常であったため相手は異変に気づきこれを口にしませんでした。刑事事件における殺人未遂罪になりますか?

毒性の強い毒物を口にさせようと提供しているので、提供する行為には現実的危険性があるといえ殺人未遂罪が成立する可能性があります。

外で雷がなりだしたので、相手を落雷によって感電死させようと考え外に連れ出しました。しかし、雷は落ちなかったので相手を殺すことはできませんでした。刑事事件における殺人未遂罪になりますか?

雷が鳴っているからといって、外に連れ出しても相手に雷が落ちる確率は極めて低く、現実的危険性がある行為とはいえませんので、殺人未遂罪は成立しません。この場合には不能犯となります。

刑事事件において殺人罪が成立するためには、殺害行為と被害者の死との間に因果関係が必要です。

Aが被害者に対し、殺意をもって執拗に殴る蹴るの暴行を加えたところ、被害者が隙を見て逃走し、その途中で池に落ち、溺れて死亡した場合、刑事事件における殺人罪になりませんか?

Aには殺人罪が成立する可能性があります。
刑事事件の被害者が溺死となった原因は、逃走の際に池に落ちたことによるものですが、暴行を加えられなければ逃走することも無かったのであって、暴行から死亡への因果関係が認められる可能性があります。
同様に、判例は、逃走の際に池に落ち、岩に頭を打ってくも膜下出血により死亡した場合にも、暴行から死亡への因果関係が認められるとして刑事事件における殺人罪の成立を認めています。

ページトップへ