弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

背任罪

背任罪

(刑法第247条で5年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

背任罪の総論

ホワイトカラーの刑事事件です。
背任罪は、捜査機関からすると立件することが難しい犯罪です。

背任罪の類型

背任罪の近年の傾向

刑事事件の中でも背任罪に関しての起訴率は他の犯罪に比べて低い状況です。

背任罪の量刑に影響を及ぼす事情

犯行態様や被害額などです。

背任罪の取り調べの例

帳簿や伝票、領収書、預金通帳、稟議書、議事録、契約書、メールなど、会社内部の文書やデータを証拠として収集することもあります。

背任罪の示談相場

弁護士による背任罪の弁護方針

弁護士からすると他の犯罪以上に特に不起訴に持ち込むことを第一に考えるべき刑事事件です。

ページトップへ