弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

弁護士ができること3

弁護士ができること

3. 捜査機関の捜査などに対する防御

弁護士が捜査機関と折衝し、捜査状況を把握し、被疑者に有利な証拠を確保し被疑者の言い分を伝えます。これにより不当な逮捕や身柄拘束を阻止し、身柄の解放を目指し、早期に被疑者に有利な決着を図ります。
裁判官の勾留決定などに対しては弁護士から準抗告などの不服申し立てをすることができます。