弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

調書の署名押印にあたっての注意

刑事事件における取り調べについて 調書の署名押印にあたっての注意

刑事事件における供述調書の署名押印は慎重に行う必要があります。

刑事事件の取り調べにおける調書の作成過程は、捜査官が被疑者に対して尋問したやりとりが後で捜査官によってまとめられて、あたかも刑事事件の被疑者が独白しているような文体で調書が書かれます。捜査官が必要と思ったやりとりだけが時には形を変えて強調して書かれ、刑事事件の被疑者に有利な事実でも捜査官が必要ないと思った箇所は全く触れられないこともありえます。捜査官が刑事事件の被疑者を尋問して得られたデータが、あたかも刑事事件の被疑者が自主的に1つのまとまった話を語っているようにして、調書は書かれるのです。場合によっては毎回の刑事事件の取り調べでそれぞれ1通ずつの調書が作成されずに、何回分かの取り調べをまとめた調書が作成されることもあります。

刑事事件の取り調べの最後には、捜査官が調書を読み上げ、被疑者に対して、間違いがなければ署名をした上で指印を押すように要求します。刑事事件の調書の表現のニュアンスはときに、微妙に刑事事件の被疑者に不利になっていることがあります。流れの中で偶然に起きたことが自分の積極的主導で行われたことになっていたり、よくわからないと答えたにもかかわらず「そう言われればそうかもしれません。」となっていたりと、自分が思って話したことと捜査官によって書かれた内容は少しずつ違っている可能性があります。細かいニュアンスや言い回しで、書かれた調書の内容の意味は全然違ってきますので、執拗に訂正を求め、納得するまでは絶対に署名してはいけません。捜査官は「でも要するにこういうことだろう。」「いや事実はこうだから」などと言って、大体あっているのだから署名しろと言ってくることもあるかもしれません。しかし納得できない調書には絶対に署名してはいけません。長時間の取り調べを受けていると疲れがたまり、冷静な判断ができなくなっているかもしれません。細かい箇所にまでいちいち目を凝らして、反論をするには気力が持たないかもしれません。捜査官に気後れして、訂正を求めることが面倒に感じているかもしれません。しかし署名の瞬間こそが、刑事事件において一番気力を充実させるべき場面なのです。細かいニュアンスまで含めて調書の細部までもが刑事事件の裁判において1つ1つ意味を持ってきます。よく調書を見せてもらった上で、一言一句を吟味するべきです。
場合によっては弁護士に意見を聞くまで署名を留保することも、一策です。刑事事件の被疑者の権利を無視した取り調べ状況があれば、弁護士から捜査機関に対して文書で抗議するなどの方法をとって刑事事件の状況の改善を図ります。
罪が重くなると言われるなどして自白を強要されることがありますが、単純に署名を拒否し続けることもできます。自白がなければ起訴が難しい刑事事件もあるため、否認事件においては、調書を始めとするあらゆる書面に徹頭徹尾、署名しないことで不起訴処分になる場合もあります。

逮捕されている刑事事件の被疑者は、取り調べ方法に問題があると感じた場合、刑事事件の取り調べの過程を毎回ノートに記録化しておくべきです。