弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

再犯防止の取り組み

繰り返してしまう犯罪行為。ダメだと分かっているのについやってしまう!止めたいのに止められない!家族と約束したのにまたやってしまった!

刑事事件の被疑者(被告人)の再犯を防ぐことも重要

刑事事件を起こした被疑者(被告人)自身が悩んでいるケースも実は多くあります。
都合の良い言い訳でしかないと容赦なく批判されるかもしれません。
しかし、「病気」である場合もあるのです。

もちろん、犯した罪は償わなければなりません。
病気だからといって犯してしまった犯罪行為が許されるわけではありません。
しかし、再犯を防ぐためにも、病気には治療が不可欠です。
本人の更生のために何ができるか、家族が悩んでいる場合も多くあります。

性犯罪弁護
医療法人社団榎会 榎本クリニック

東京永田町法律事務所では、
医療法人社団榎会 榎本クリニックと協力して再犯防止に取り組んでいます。

診察だけでなく、デイナイト・ケアも行っている榎本クリニックにおいて、病気と向き合い、適切な治療を受けられることをお勧めします。

医療法人社団榎会 榎本クリニック

社団法人榎会 榎本クリニック

精神科/心療内科/内科/デイナイト・ケア

ホームページ http://enomoto-clinic.jp/

性依存症の取り組みについて

榎本クリニックの治療では、繰り返す強迫的性行動は新たな被害者を出し、本人にとっても刑事責任等のリスクが大きい為、再発(スリップ)を防止することを第一に考えた治療モデル(リラプス・プリベンションモデル)を採用しています。
近年、性依存症に加えて発達障害、知的障害などの重複傷害を持ったケースが問題化しており、社会内処遇が困難なケースも多くあります。このような処遇困難ケースは従来の認知行動療法に加えて、生活の管理や日中の居場所の提供等、包括的な地域ケアが重要な要素となります。そこで榎本クリニックでは平成24年2月に性犯罪及び性依存症者に特化した専門のデイナイト・ケアのフロアを新たに開設。デイナイト・ケアにおける性依存症治療の取り組みは国内初の試みとなります。

ページトップへ