弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介
早ければ早いほどよい弁護士選任

早ければ早いほどよい弁護士選任

今現在の状況が刑事手続きの中のどの段階かによって、弁護士による弁護活動の選択肢の幅が違ってきます。早期に弁護士を選任することで、より多くの選択肢から弁護活動の方針を立てられます。

1. 冤罪を防ぎます。

刑事事件による冤罪事件の多くは、違法な取り調べに対して即座に対応できなかったことが響いたものです。刑事事件の被疑者に有利な証拠や証人は、時間がたつと無くなってしまったり、見つけられなくなったりします。早い段階での弁護士への依頼により弁護士は刑事事件の被疑者に有利な証拠を早期に収集し、嫌疑を晴らすために活動します。また弁護士が捜査機関の取り調べの違法性を早期の段階でチェックします。