弁護活動の内容 逮捕された理由 刑事手続き 刑事弁護の基礎知識 事件・逮捕後のよくある質問まとめ 罪名別 刑事訴訟法Q&A 事務所紹介

実績/早く身体解放されたい

6回の準抗告などで身柄が解放されました

事件の概要
窃盗、窃盗未遂

電車内で、他人のリュックサックから財布をすり取り、在中のキャッシュカードを利用して貯金を引き出そうとした事案です。

依頼者の属性

20代女性/学生/前科前歴なし

実績

弁護士の6回にわたる身柄解放活動(準抗告など)が奏功して、身柄が解放されました。

冤罪事件で逮捕直後に、勾留されずに身柄が解放されました

事件の概要
強制わいせつ

路上でナンパをした女性の身体を触っていたところ金銭を要求され、断ったところ険悪なムードに。女性がいきなり痴漢にあったと叫んだために現行犯逮捕された冤罪事案です。

依頼者の属性

30代男性/会社員/同種あり

実績

弁護士が逮捕直後に面会し、ナンパ直後にいちゃついていた様子がエレベーターの防犯カメラに写っていることを確認。弁護士が証拠を指摘したうえで女性の憂さ晴らし目的での虚偽告訴を主張し、弁護士が検察官に意見書を提出しました。結果、勾留されずに身柄が解放されました。

勾留決定から2日後に、準抗告で身柄が解放されました

事件の概要
傷害

酔余の上、タクシーに乗車し、運転手と口論となり運転手に対し暴力を振るって怪我をさせたという疑いをかけられた事案です。

依頼者の属性

50代男性/会社員/前科なし

実績

勾留が決定された後に弁護士が準抗告を申立て、勾留決定から2日後に勾留が取消されました。

勾留決定の翌日に、準抗告で身柄が解放されました

事件の概要
窃盗

電車内で、他人の鞄から財布をすり取ったという疑いをかけられた窃盗の事案です。

依頼者の属性

30代男性/会社員/前科なし

実績

勾留が決定された後に弁護士が準抗告を申立て、勾留決定の翌日に勾留が取消されました。

勾留決定から3日後に、準抗告で身柄が解放されました

事件の概要
迷惑防止条例違反(痴漢)

電車内で女性に対し、スカートの中に手を入れて触るなどした痴漢の疑いがかけられた事案です。

依頼者の属性

50代男性/会社員/前科なし

実績

勾留が決定された後に弁護士が準抗告を申立て、勾留決定から3日後に勾留が取消されました。

勾留決定の翌日に、準抗告で身柄が解放されました

事件の概要
迷惑防止条例違反(痴漢)

電車内で、酔余の上、隣に座っていた女性の太ももや臀部を触る痴漢行為をしたという疑いをかけられた事案です。

依頼者の属性

20代男性/学生/同種前科2犯

実績

勾留が決定された後に弁護士が準抗告を申立て、勾留決定の翌日に勾留が取消されました。

勾留決定から2日後に、準抗告で身柄が解放されました

事件の概要
迷惑防止条例違反(痴漢)

通勤電車の中で、女性のスカートの上から臀部を触る痴漢行為を行ったという疑いをかけられた事案です。

依頼者の属性

50代男性/会社員/前科なし

実績

勾留が決定された後に弁護士が準抗告を申立て、勾留決定から2日後に勾留が取消されました。

勾留・勾留延長のやむを得ない事案で、最短の保釈で身柄が解放されました

事件の概要
覚せい剤取締法違反

知人からもらった覚せい剤を使用したという疑いをかけられ、別の知人が警察に告発し逮捕された事案です。

依頼者の属性

30代男性/会社員/前科なし

実績

弁護士が勾留延長を阻止するための意見書を提出。弁護士が検察官・裁判官と交渉し、延長はされたものの最短期間で保釈まで認められました(延長7日のうちに保釈まで)。通常は、延長10日+保釈請求して実際に身柄が解放されるまでさらに3日程度かかります。

逮捕直後に、勾留されずに身柄が解放されました

事件の概要
迷惑防止条例違反(痴漢)

深夜の電車内において酔余の上、女性に対して痴漢行為を行ったという疑いをかけられた事案です。

依頼者の属性

20代男性/会社員/前科なし

実績

弁護士が勾留を阻止するための意見書を提出しました。飲酒により記憶がなく、逮捕時に逃走を図ったことが疑われ検察官が勾留請求しましたが、却下され、勾留されることなく身体解放されました。

逮捕直後に、勾留されずに身柄が解放されました

事件の概要
傷害

書店で女性のスカート内を盗撮しようとしているところを警備員に見咎められ、事務室に連行される際に、警備員に暴行し逃走したという疑いをかけられた事案です。

依頼者の属性

30代男性/会社員/前科なし

実績

弁護士が勾留を阻止するための意見書を提出。勾留されずに、在宅で捜査が行われることになりました。